採用情報|医療法人恵愛会 中村病院

メニュー

しごと子育てサポート企業SUPPORT

おおいた子育て応援団 認証(しごと子育てサポート企業)

本制度は、深刻な少子化が進むなか、職場における仕事と家庭の両立や働き方の見直しを通じて、働く人たちが、職場でそれぞれの能力を活かしながら、安心して子どもを産み育てることができる社会の実現を目指すため、平成18年5月に創設されました。
当院では、一般事業主行動計画を策定し、積極的に仕事と家庭の両立支援等に取り組んでおり、その取り組みが評価され、おおいた子育て応援団(しごと子育てサポート企業)に認定されました。

医療法人恵愛会 中村病院 行動計画

職員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい、女性が活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

計画期間

平成29年2月1日~平成31年1月31日までの2年間

内容

目標1
課長職以上の女性の割合を50%以上とする。

対策

平成29年6月~
管理職の手前の職階にある職員を対象とした、昇格意欲の喚起又は管理職に必要なマネジメント能力等の付与のための研修を行うため、研修プログラムと研修資料を作成する。
平成29年9月~
管理職の手前の職階にある職員を対象としたキャリア研修を実施する。
平成30年2月~
フォローアップ研修を実施する。
目標2
年次有給休暇の取得率を70%以上とする。

対策

平成29年5月~
全職員を対象として、有給休暇取得状況を調査・分析する。
平成29年7月~
有給休暇の付与方法について検討を行い、必要な施策を決定する。
目標3
職員が子どもとの交流の時間を確保し、家庭の教育力の向上を図るため、病院内において家庭教育講座等を地域の教育委員会等と連携して開設する等に取り組む。

対策

平成29年7月~
院内で家庭教育講座の企画について検討を行い、教育委員会と打ち合わせを行う。
平成29年10月~
教育員会の協力を得て、家庭教育講座を院内で実施する。

基準適合一般事業主認定(くるみんマーク)について

次世代育成支援対策推進法に基づき、行動計画を策定した企業のうち、行動計画に定めた目標を達成し、一定の基準を満たした企業は、申請を行うことによって「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣の認定(くるみん認定)を受けることができます。
この認定を受けた企業の証が、「くるみんマーク」です。別府市の医療機関では、当院が1番に登録されました。
くるみん通信

平成24年度 大分県男女共同参画推進事業主顕彰

大分県は、男女共同参画社会づくりに関する県民と事業者の関心と意欲を高めるため、働く場における男女共同参画の推進に積極的に取り組まれている事業者を顕彰しています。
このたび、当中村病院は平成24年度の受賞事業者に決定し、平成25年3月27日大分県知事より表彰を受けました。

仕事と子育て両立支援モデル企業

『仕事と子育て両立支援モデル企業』とは、大分県が男性の育児参加やワーク・ライフ・バランスを推進し、職場環境づくりに取り組む企業を指定し、その成功事例を広く普及し、男性の育児休業を推進し、男女労働者がともに仕事と子育てを両立し働きやすい職場環境の整備を図ることを目的としています。 また、育児休業取得者は、100%に達成しており、男性の育児休業取得者も2名(内1名は2回取得し、パパママ育休プラス制度を利用)います。育児休業後には、短時間正職員制度をほぼ利用しています。 image04
ü