医療法人恵愛会 中村病院

地域に密着した、
質の高い医療を。

;0977-23-3121
大分県別府市秋葉町8番24号
文字サイズ
普通
大きく
メニュー

肛門外科|診療案内MEDICAL EXAMINATION

肛門外科の疾患について

肛門疾患の症状は肛門からの出血、肛門部通、排便異常などがあります。痔核(イボ痔)・痔ろう(あな痔)・裂肛(切れ痔)がほとんどですが、さまざまな病気が存在します。また直腸がんなどの悪性疾患も同様の症状を呈するので早期に受診されることをお勧めしています。

痔核の治療

内痔核

肛門にあるクッションが病的に大きくなったのが痔核です。出血・痛み・脱出などの症状があります。
食事の改善や内服薬の使用によって便秘や下痢などの排便異常を良くし、軟膏や座薬を用いてまずは保存的に治療します。治療効果が認められなければ痔核に薬剤を注入し硬化させ治療するALTA療法(日帰り手術・短期入院で可能)や大きな痔核に対しては腰椎麻酔下に結紮切除術を行っています。

外痔核

肛門にあるクッションが病的に大きくなったのが痔核です。出血・痛み・脱出などの症状があります。
食事の改善や内服薬の使用によって便秘や下痢などの排便異常を良くし、軟膏や座薬を用いてまずは保存的に治療します。治療効果が認められなければ痔核に薬剤を注入し硬化させ治療するALTA療法(日帰り手術・短期入院で可能)や大きな痔核に対しては腰椎麻酔下に結紮切除術を行っています。

痔ろうの治療

痔ろうは肛門腺に細菌感染を起こし外側の皮膚と疼痛を来きた疾患です。痔ろうに膿がたまると肛門周囲膿瘍となり強い肛門部痛と腫れを来します。
痔ろうの治療には手術が必要です。肛門周囲膿瘍を来した場合は切開排膿術を行い膿を出し炎症が落ち着いてから根治術を行います。根治術に関しては痔ろうの状況に応じて適切な手術法で行います。

裂肛の治療

硬くて大きな便などによって肛門の粘膜が傷つき創が出来る疾患です。排便時に痛みや出血、排便困難が現れます。まずは排便管理が必要です。症状が強ければ手術が必要です。手術は肛門括約筋切開術などが必要です。

脱肛・直腸脱の治療

最近高齢者の増加により増えてきている疾患です。
骨盤底や肛門・直腸の固定が弱くなり肛門や直腸が脱出します。治すには手術が必要です。肛門側から脱出した腸管を縫縮する手術や脱出腸管を切除縫縮する手術を行います。

医師紹介

診察時間CONSLUTATION TIME

受付時間
午前 8:00 ~ 11:30 午後 13:00〜17:00
※泌尿器科新患の場合は11:00まで
診療時間
午前 9:00 ~ 12:30 午後 13:30〜17:30
※土曜日は午前のみの診療
休診日
日・祝祭日
外来担当医
一覧表
ページトップに戻る