医療法人恵愛会 中村病院

地域に密着した、
質の高い医療を。

;0977-23-3121
大分県別府市秋葉町8番24号
文字サイズ
普通
大きく
メニュー

症状別に病気を知る(男性)|泌尿器科MEDICAL EXAMINATION

こんな症状ありませんか?

尿混濁

 正常の尿はストローカラーと言って麦の穂の色の様な黄色透明です。体の水分が少ない時は黄色が濃い色になり、逆に水分が多く尿量が多い時は無色透明に近づきます。これが何らかの原因で混濁するときがありますが、全てが病気があると言う訳ではありません。腎臓の働きとして体内の老廃物を出す能力がある訳ですが塩類尿と言って不純物が体内から尿中に排泄され如何にも病気を想像させる尿混濁が見られる場合があります。この見分け方として、食事に使う酢を混ぜたり、熱を加えて透明になると塩類尿であるとされておりますので病気と疑う前に試してみるのも良い方法です。病気で見られる混濁の中で下記の混濁色が代表的なものです。これらの場合はすぐ専門医を受診しましょう。

1.血尿: その名の通り血液が尿に混ざるもので肉眼的に血尿と解れば、肉眼的血尿と呼ばれています。潜血と言う表現の血尿もありますが、これは肉眼的な血尿では無く、顕微鏡もしくはテストテープで指摘されるものです。代表的疾患として尿路結石症、泌尿器科系癌、尿路感染症があげられます。また腎臓病などの内科系疾患の場合も見られることがあります。

2.膿尿: 尿中に白血球が多くみられる場合です。この場合は尿路系炎症が強く疑われます。また排尿時の痛み、発熱などを伴う事が多くみられます。膀胱炎、腎盂腎炎などで見られます。

3.血膿尿: 1,2が混ざった状態です。強い混濁が見られます。この場合の原因としは1,2に述べた病気があります。

4.気尿、糞尿: 極めて稀な病気ですが尿の中に空気が混ざったり、便が混ざってくる状態で、消化器(小腸、大腸など)と膀胱が繋がって尿中にガスと便が混在してきます。膀胱炎などが強い場合にも見られますが、極めて稀です。良く排尿すると泡が一杯出ると訴える方がおられますが、尿の勢いが良い証拠であり病的な事は殆どありません。顕微鏡で尿検査を行い問題なければ放置可です。

5.ビリルビン尿: 肝臓が悪い時に尿中に肝臓の色素が排出され色が変わる事があります。この時には黄疸が出て皮膚の色も変わることが多いので気づくと思います。

6.稀な疾患による混濁: 尿中に脂肪が出る場合(乳糜尿と言います)があります。これは骨盤から下部のリンパの流れが悪くなってリンパ液が行くところが無くなって尿中に排泄されます。ほって置くと尿中に脂肪の塊な様な物質が見られるとこが多い。ごく稀ですが尿中にポルフィリンと言う色素が出て尿を放置すると赤くなる場合があります。この場合急激な腹部症状を伴う事が多く急性間歇性ポルフィリン尿症と言う病気で発生しますので理解しがたいと思います。

診察時間CONSLUTATION TIME

受付時間
午前 8:00 ~ 11:30 午後 13:00〜17:00
※泌尿器科新患の場合は11:00まで
※詳しくは外来担当医一覧表をご覧ください。
診療時間
午前 9:00 ~ 12:30 午後 13:30〜17:30
※土曜日は午前のみの診療
休診日
日・祝祭日
外来担当医
一覧表
ページトップに戻る