医療法人恵愛会 中村病院

地域に密着した、
質の高い医療を。

;0977-23-3121
大分県別府市秋葉町8番24号
文字サイズ
普通
大きく
メニュー

症状別に病気を知る(男性)|泌尿器科MEDICAL EXAMINATION

こんな症状ありませんか?

頻尿

 尿が近いことを頻尿と言います。昼間近かったり、夜間寝てから何度も起きる事があり、夜間特に頻回に起きることを夜間頻尿と言い、治療する場合厄介な事が多いようです。
 通常尿量は成人では一日1000~1500mlです。膀胱は通常100~150mlで最初の尿意(初発尿意)を感じます。ここでは尿意が起こらずあっても我慢が出来ます。
 そして膀胱の中に溜まった尿が250~300mlとなると我慢が出来なくなり排尿しなければならなくなります(最大尿意)。従ってこの一日尿量を最大尿意の膀胱容量で割れば一日の回数が出る訳で4~6回が正常の排尿回数でしょう。朝起きて行く、午前中一回、午後一回、夕食後一回、寝る前一回が正常の排尿パターンとなります。
 夜間、人間は眠らなければなりません。人間はご飯を食べなくても死にませんが、眠らなければ死に至りますし、日常活動に睡眠不足では活動に支障が出てきます。そこで神様は夜は尿作成を制限するためにホルモンを脳から出します。抗利尿ホルモンと言いますが、それを夜間多く出し、夜中の尿作成を減らし、膀胱に貯めて朝起きると伴に排尿する訳です。
 排尿回数が5~6回、夜間は排尿のために起きない が正常ですが、一日8回以上の排尿回数となった場合頻尿と定義します。
 原因としては膀胱容量が減少してきた場合:残尿ががあり、膀胱に貯めきれない。また、外部よりの膀胱への圧迫により減少する場合(妊娠し子宮が大きくなり膀胱が圧迫されて近くなるが典型例です。その他他臓器による圧迫など)などにより頻尿となります。
 また排尿困難で述べたように膀胱支配神経の影響により膀胱が過敏になり頻尿が生じる事もあります。また膀胱の炎症性疾患(膀胱炎など)近辺臓器の炎症(前立腺炎、尿道炎、大腸の炎症など)により頻尿となります。間質性膀胱炎などの場合、常に膀胱が刺激状態あり排尿が我慢できなくなることがあります。
 夜間多尿の場合、診断治療に苦慮することが多いようです。この様な場合はまず排尿の日誌をつけることが大事です。起床後から翌日の起床時まで排尿時間と排尿量を記載してみましょう。出来れば2日間の記載があれば十分です。排尿量の記載は軽量コップを使いますが、外来で軽量コップを貰うのも良いでしょうし、女性の場合は100円均一ショップに行きプラスティック製の計量コップをお買い求めて計測することをお勧めします。
 そして、一日排尿回数と排尿時間、尿量(一日量、起床から寝るまでの尿量、寝てから朝起きるまでの尿量)が解りますから、それを持ってお医者さんに見せて下さい。一日尿量の30%が夜中寝ている間にでる場合夜間多尿といいます。いろんな事で起きますが、日本人は概して水の飲み過ぎでなることが多いようです。内科系の先生方が水を飲め、水を飲めとおっしゃいますが、水を多量に飲んだからと言って血液は絶対にさらさらにはなりません。
 また最近コマーシャルなどで過活動膀胱と良く言われてますが、膀胱が常に刺激状態にあり、尿が近くなり、早くいかないと漏れそうになる(尿意切迫感)ことがあります。神経の問題などがありますが、切迫感がありもらしそうになったら必ず専門医を受診してください。

考えられる病気

前立腺肥大症、過活動膀胱、間質性膀胱炎、神経因性膀胱などがあります

診察時間CONSLUTATION TIME

受付時間
午前 8:00 ~ 11:30 午後 13:00〜17:00
※泌尿器科新患の場合は11:00まで
※詳しくは外来担当医一覧表をご覧ください。
診療時間
午前 9:00 ~ 12:30 午後 13:30〜17:30
※土曜日は午前のみの診療
休診日
日・祝祭日
外来担当医
一覧表
ページトップに戻る